産後の骨盤矯正

会社方針

ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。ここに会社方針が入ります。


CEOメッセージ

CEO

ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。

ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。


会社沿革

20**年
ここに会社沿革が入ります。ここに会社沿革が入ります。
20**年
ここに会社沿革が入ります。ここに会社沿革が入ります。
20**年
ここに会社沿革が入ります。ここに会社沿革が入ります。
20**年
ここに会社沿革が入ります。ここに会社沿革が入ります。
20**年
ここに会社沿革が入ります。ここに会社沿革が入ります。
20**年
ここに会社沿革が入ります。ここに会社沿革が入ります。
20**年
ここに会社沿革が入ります。ここに会社沿革が入ります。
20**年
ここに会社沿革が入ります。ここに会社沿革が入ります。

サービス

(準備中)

ここが違うただのマッサージではありません
一般的なマッサージだと「筋肉」のみをもみほぐします。そしてカイロプラクティックだと「骨をボキボキ!」というイメージが大きいと思います。 中目黒カイロ整体院では、業界大手の大川グループのカイロプラクターとして学芸大整体院の院長を務めていた”わたし”が

1. 筋肉
2. 関節
3. 生活習慣

の3つを柱として体を整えていきます。

まずは「トリガーポイントセラピー」という筋肉の緩和法により筋肉の緊張をとり、一般的にマッサージだけでは取り切れない、筋肉の奥の凝り固まった部分をほぐしていきます。

筋肉の緊張が取れたのちに動きにくくなっている関節、特に「骨盤」「股関節」「肩甲骨」を動かしていいます。苦手な方にはボキボキッという背骨を鳴らす施術はいたしません。

さらに、その筋肉の緊張を生み出している「生活習慣」として、「姿勢」や「クセ」を正しく治して頂きます。クセを治すための「体操」や「歩き方」など5-6回の施術を目安にスケジュールを立て、痛みが再発しにくい体つくりをいっしょに考えていきます。

申し訳ございませんが、「首が痛いから、首だけほぐして欲しいんだよね」という方は受け付けておりません。体の一部ではなく、筋肉から骨格までトータルい体をみることによって、今ある痛みだけではなく、その原因を突きとめる事によって、痛いを繰り返させない方向にもっていきます。

ここが違う2カウンセリングから始まるオーダーメイド施術
カウンセリング

病院に行っても、「レントゲンを見てもどこも悪くありませんよ」、「シップを貼って少し様子を見てみましょう」と言われ誰にも分かってもらえないその症状。

中目黒カイロ整体院では、まず、きちんと「お話しを伺う」ところからスタートします。「腰が痛い」と言っても、腰のどの部分が痛いのか、いつから痛いのか、どのように痛いのかによって対処方法は変わっていきます。どのように感じているのかを納得いくまでお話頂いてから施術方針を話し合っていきます。

話を聞いてもらっただけで「良くなった気がする」とおっしゃる方も少なくありません。それは、人に話すことによって「気持ち的に楽になる」のと、話すことによって「考え」(痛みの度合いなど)が頭の中で整理され、つらさの原因が見えてくるからです。どんな些細なことでもご相談下さい。改善のきっかけが隠れているかもしれません。

2014年11月23日