ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

ブレデセン博士、山田養蜂場と調印

嬉しいニュースが!

テレビや雑誌などで紹介される「デール・ブレデセン博士」のリコード法。認知度が低いのが現状です。

通ってる物忘れ外来に行っても、治療仲間が他の都市の神経内科に行っても、「認知症は改善しない」、「新しい方法は無い」と取り合ってくれない事がほとんどです。

日本では受けられない検査や、受けられても保険外で実費となるためすごく高い値段を取る病院など、リコード法が広まる土台が皆無に等しいのが現状です。

そんな中、ブレデセン博士が山田養蜂場と調印を結んだとのニュースがありました!

以下、PRTIMEより抜粋 (参照 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000030748.html )

………….. デール・ブレデセン博士が提唱する「リコード法」に基づき、認知症並びに認知機能低下の予防が期待されるプロポリスを主要成分としたサプリメントの開発や提供、カウンセリングサービスの提供、全国のクリニックと連動した治療サービスの充実、その他有益な生活習慣等のプログラムを提案する予定です。…………

有名な山田養蜂場が広めてくれれば広まるはず!

「全国のクリニックと連動ささた治療サービスの充実」

これ!これです!充実させて欲しい!せめて、医療界に新しい方法で良くなっている人達がいることを認識してもらい、これから起こる日本の「超高齢化社会」に備えて欲しい!と思います。

今週は選挙。

これから必ずやってくる「超高齢化社会」。将来の認知症患者、2025年には軽度認知障害(MCI)の人も含めて700万人、65歳以上の5人に1人が認知症(認知症予備軍)になると言われています。

せん妄があったり、五分前の事が思い出せないウチの母はまだ「認知症」ではないんですよ、MCI、軽認知障害。(同じぐらいだった知り合いの親族は病院処方の薬だけ飲んで2年で認知症になりました。)

MCIの人でさえ、1人で電車には乗れなくなります。こんな人ばかりになる近い将来って!

山田養蜂場の社長に政治家のお友達はいないのかしら?アベさんとか…。

少しでも「リコード法」が広まり、検査がしやすくなる事を願います!

RECODE法実践記録9

前回の記事、薬1つで進行を止めようとしていた治療からリコード法へ、はこちらから

さて、今回は1番最初にできるRECODE法のプロトコル(実践の手順)は…

食事療法

人間は食べた物によってできている、とはよく言う言葉です。

まずは悪い物質をデトックス!

カドミウム、水銀などの重金属、カビなどもアルツハイマー病の発症の引き金となると言われています。

農薬まみれの野菜や、水中にいるプランクトンをより多く摂取している大型のさかな(マグロなど)が悪い物質を体に貯めます。

うちの母はもともと肉を食べなかったので、野菜が多く、大好物はマグロ。なんかヤバイ感じです。

では、どうやってデトックス?

まずは1日12〜16時間の絶食。

母のようにApoE4の遺伝子を持っている人は16時間食べない時間を設けて、今流行りの「ケトンダイエット」と同じ、体を「ケトン体」に持っていくのが重要です。「ケトン」とは脂肪が変化して作られる物質で、アルツハイマー病の人は脳の栄養分を炭水化物から、このケトン体にしてあげると良い。

糖質のものを食べると血糖値が上がりケトン体質になりにくいので、糖質を極力避ける食事が好ましい。

できれば、糖質(米や、パン、パスタ、うどんなど主食になるものや、糖質の高い野菜、いも、かぼちゃなど)は1日50gぐらいがベスト。

パン、パスタやうどんと書きましたが、実を言うと、それらに含まれるグルテンが腸を痛め、そこから毒素が入り脳に達するため、グルテンが入った糖質も✖️。米粉を使ったもので代用できるとベストです。

そしてアブラナ科の野菜でデトックス。

アブラナ科の野菜とは、ブロッコリー、カリフラワー、ブロッコリースプラウド、

その他、葉物野菜でケール、白菜、ちんげん菜、小松菜、キャベツ、ほうれん草

大根、カブ、芽キャベツ

なども、良いとされています。

アボカドやキノコ類もデトックスに効果的。

「炭水化物を避けて野菜を食べる!」

食べると良い食材はまだまだあるので、次回に続きます。

RECODE法実践記録8 リコード法とは?

母のリコード法の検査と結果はこちら

さて、ここまで、どのようにして母が改善してきたかを書いてきましたが、そもそも、リコード法とはどんなものかの説明をしますね。

私がリコード法を知ったきっかけになったブログの紹介は以前しましたがやっぱりうに、さんのブログでの説明が一番わかりやすいかな?

今まで、アルツハイマー型認知症の原因は、

●脳にゴミ(アミロイドβやタウたんぱく)が溜まることによる”脳萎縮”

と言われてきました。そのため、その”ゴミ”を溜めないための薬を飲んで、それ以上溜めないようにして、症状が悪化するのを抑えよう!という治療法でした。

そう、改善させるのでは無く、”ちょっとの間止めておく”、という事。だから、物忘れ外来とかに行っても、「悪くなるのはしょうがない」って薬だけを渡されていたのです。

それを「改善させる方法がある!」「早期なら9割りが改善!」と実例と共に発表したのがアメリカのプレデセン博士。説明された本が「アルツハイマー病 真実と終焉」です。

プレデセン博士が言うには、アルツハイマー病とは、

●長年の生活や食事習慣からできた36個の要因からなる病気

例えて言うなら、屋根に36個の穴が開いちゃった状態で、この穴を一つ一つ修復させていく事によって改善していく。

その穴とは、例えば

  • 運動不足
  • 栄養不足
  • 水銀蓄積
  • ビタミン不足
  • ホルモン
  • 鼻炎
  • ………

などなど。
これは、人によって違い、何個かの穴を改善させた事によって良くなる人もいるし、36個頑張って埋めて良くなっていったは人もいたり、人それぞれ。

そうですよね、その人の何十年もの生活習慣は同じでは無いですものね。

うちの母は父の入院に続く他界で「鬱」傾向が強かったのもありますが、穴が何個か埋まったのか?、3ヶ月で少しずつ結果が出てきました。

では、何か1番大切か?
全部ですよね、やっぱり。でも、人によって何が足りないかを知るために、とりあえず検査を受けることが重要。

どんな栄養が足りないか、血液検査。水銀や汚染物質に侵されていないか、毛髪(血液)検査。葉酸が足りているか唾液検査。
一つ一つでも良いので始めるのが肝心。

検査を受けるののハードルが高ければ、また、検査の結果を待つ間にできるのは、食事を変えていく事。

何でも良いです!早めに始める事が1番大切!考えている暇があったら(私はこれが長かった…涙)、始めましょう。改善率が全然違ってきます。

では、何からはじめるか?

まずは「食事」について、次回説明しますね。

RECODE法実践記録7

飲み始めたサプリや食事はこちら

さて、食事を変えて3ヶ月、サプリを飲んで2ヶ月(2019年2月)、我が母様の変化は…?

中々良い!

そう、なんだか良い!

まだまだ、さっきの事は忘れちゃうけど、

  • せん妄、夜の知人家ピンポンが無くなった!
  • 自殺願望が減った(口に出すことが減った)
  • 悪口が減った
  • ジムのお風呂にたまに行くようになった
  • 外の掃除など少し活動的になった

などなど。このまま下り坂を落ちていくのかと危惧していたけど、なんか登ってる感じ?

そして、プラス2ヶ月(2019年4月)

    闇鍋が無くなり、具材が10種類以上入った”母特製カレー”が復活!
    週1ペースでジムの風呂(サウナ)に行くように!
    機嫌の悪い日が減った

そう、いいんです!

ここで、リコード法のフェイスブックグループのオフ会があり、色々勉強した事により、新たな方法を試し始めるのですが、それについてはまた今度。

次回は、母にこの劇的な変化をもたらした「RECODE法」についてもう少し細かく書いていきたいと思います。

RECODE法実践記録6

検査まで以前の記事はこちら

さて、検査を受けて結果を聞くのに1ヶ月。リコード法でのサブタイプは全部記入されていたので、メールで再確認。

返答は「上から可能性の強い順。全部」、ぜ・ん・ぶ だそうです。まぁ、日本では全部の検査ってできないしね。サブタイプがプレデセン博士の本に載っている「順番通り全部」ってのも何とも言えませんが、愚痴っても何も始まらないので、とりあえず、指示されたサプリを購入して飲もうと。

これ、調べてみると、何と何は一緒に飲まない方が良い、など色々あるのですが、何も指示されなかったので、自分で適当に朝昼晩と分けて、

2019年1月、サプリ始めました!

取り始めたサプリはこちら:

(新宿の病院にて処方:以下)

Fe9ヘムビオ(ヘム鉄5mg+鉄含有乳酸菌4mg × 2錠)


E200ミセル(ビタミンE 145mg 米胚芽油 20mg × 2錠)


NB-X(ビタミンB1 B2 B6 B12 ナイアシン ビオチン 葉酸など × 3錠

D5000ミセル(ビタミンD 145ug その他リコピン、そうトコフェロールなど × 2錠)

uDHA(精製魚油 250mg フェラル酸 9mg × 1錠)

C250 + リポ酸(ビタミンC 250mg αリポ酸 15mg ヘスペリジン 10mg × 4錠)

プロテインGX(えんどう豆タンパク タンパク質11.45g ビタミンB6 12mg ×15g)

リコード法サプリ

これ、ドクターズサプリなので、まぁまぁのお値段。とりあえず、次回の検査まで取り続けてからiHerb とかのアメリカンサプリに変えても良いかな?なんて思ってました。
(母がどうしても、絶対、死んでもこの病院には二度と行かない…と言うので、二度目の検査は出来ずじまいですが…)。

2019年1月末、リコード法としてやりはじめたのは
●ドクターズサプリ
●グルテンフリー(麦焼酎以外 笑)
●乳糖フリー(健康ヨーグルトドリンク、A1ミルクのヨーグルトドリンク、ザバス以外、って案外とってるじゃん!)
●葉物野菜、ブロッコリースプラウト
●ボーンブロス
●きのこ沢山
●エキストラバージンオイル
●バターコーヒー(少なめのMTCオイル、グラスフェッドバターにアマニオイルを加えたもの)

朝バターコーヒーと果物、プロテインを入れたスムージージュースを作り、

昼ごはん用、三穀麺とボーンブロスを使ったラーメン(グラスフェッド玉子、ほうれん草、きのこ、あれば牡蠣、生ねぎがマストの具材)、

夜ごはん用、魚や野菜炒め、味噌汁

を用意していざ出勤!

悲しい事に、鼻炎がひどい母には味が薄すぎるらしく、醤油を沢山入れられ、真っ黒ラーメンスープになり 涙、

夜ごはんは具材が全部混ざった「闇鍋」に変身!笑。

でもめげずに毎日作ります。

その結果…

(は次回 笑)