RECODE法実践記録4

以前の記事 RECODE法実践記録3 はこちら

さて、2018年12月、やっとの思いでRECODE法(リコード法)の病院で検査。RECODE法を日本で広めるべく頑張っていらっしゃるお医者さんで、本当に頭の下がる思いです。

ただ、このリコード法、アメリカの博士が研究し、アメリカで検証されて、実績を得ている方法。日本では法律の壁もあってか、検査できない内容も多い。まして、保険が効く検査だけではないのでお金がかかる!

(一度保険外の診療をすると、その他の診療も全て保険外になるそう。→ なんで?お役人が仕分けか面倒だから? → って知りもしないのに書くのは勝手 笑 すみません)

何しろ知りたかったのは「リコード法のタイプ」と認知症発症遺伝子とも言われる「ApoE4遺伝子」(アポイーフォー)を持っているか。

自分がどのタイプに属するかによって治療方法も変わってきます。遺伝子の有無によっても変わります。例えば、認知症に良いと言われる「ココナッツオイル」など、AoE4を持っている人は控えた方が良い、など。

初回の検査でかかったのは

¥99,000 (税別)

検査内容は
認知機能検査、APOE遺伝子検査、自律神経バランス分析、体組織検査、SDS(鬱状態を判断する問診票)

¥48,000 (税別) 主要重金属セット検査:

¥18,000 (税別) 水銀・カドミウム・鉛:現時点で重金属に暴露しているか調べる(→検査し忘れにより返金)

合わせて17万弱! きゃー!

その他の個人的にやった検査は

毛髪検査 ¥10,800(税込み・送料込み)
毛髪ミネラル検査[26元素](水銀、カドミウム、鉛、ペリリウム、アルミニウムなど)

高いでしょー、高いですねー。他の病院はもっとかかるとか。保険で調べられる項目も多いのでそれを使っても、と、今では思いますが、一回で調べて、「この先生にホームドクター的な存在になってもらえば、お母さんの認知症も良くなるのではないか!」と。

お金より大切なものはあります。

まあ、結果から言うと、そんなに甘いものではなく、自分で何とかしなきゃならないのですが、全然わからなかったサプリの処方をしてもらっただけでも「改善」したので、やって良かったと思います。まあ、診断結果がでる前から食事はグルテンフリー、乳糖フリー、糖質制限も始めたのも良かったのでは、と思いますが。

で、この個人でやった毛髪検査以外の結果が出たのが、検査から1ヶ月後。

結果については、次回書きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)