RECODE法実践記録9

前回の記事、薬1つで進行を止めようとしていた治療からリコード法へ、はこちらから→

さて、今回は1番最初にできるRECODE法のプロトコル(実践の手順)は…

食事療法

人間は食べた物によってできている、とはよく言う言葉です。

まずは悪い物質をデトックス!

カドミウム、水銀などの重金属、カビなどもアルツハイマー病の発症の引き金となると言われています。

農薬まみれの野菜や、水中にいるプランクトンをより多く摂取している大型のさかな(マグロなど)が悪い物質を体に貯めます。

うちの母はもともと肉を食べなかったので、野菜が多く、大好物はマグロ。なんかヤバイ感じです。

では、どうやってデトックス?

まずは1日12〜16時間の絶食。

母のようにApoE4の遺伝子を持っている人は16時間食べない時間を設けて、今流行りの「ケトンダイエット」と同じ、体を「ケトン体」に持っていくのが重要です。「ケトン」とは脂肪が変化して作られる物質で、アルツハイマー病の人は脳の栄養分を炭水化物から、このケトン体にしてあげると良い。

糖質のものを食べると血糖値が上がりケトン体質になりにくいので、糖質を極力避ける食事が好ましい。

できれば、糖質(米や、パン、パスタ、うどんなど主食になるものや、糖質の高い野菜、いも、かぼちゃなど)は1日50gぐらいがベスト。

パン、パスタやうどんと書きましたが、実を言うと、それらに含まれるグルテンが腸を痛め、そこから毒素が入り脳に達するため、グルテンが入った糖質も✖️。米粉を使ったもので代用できるとベストです。

そしてアブラナ科の野菜でデトックス。

アブラナ科の野菜とは、ブロッコリー、カリフラワー、ブロッコリースプラウド、

その他、葉物野菜でケール、白菜、ちんげん菜、小松菜、キャベツ、ほうれん草

大根、カブ、芽キャベツ

なども、良いとされています。

アボカドやキノコ類もデトックスに効果的。

「炭水化物を避けて野菜を食べる!」

食べると良い食材はまだまだあるので、次回に続きます。